全国高校総合文化祭長崎大会

2013年8月4日 更新

スポンサードリンク

8月2日(金)

今年も全国総文祭に参加できる喜びをかみしめながら、8時に神戸空港に集合しました。

9時10発スカイマーク141便にて長崎へ、約1時間のフライトで、長崎空港に到着しました。

預けた荷物がなかなか出てこなかったため、予定より1台遅い空港バスで長崎へ。

長崎駅からは路面電車で宿舎の「長崎シティーホテルアネックス3」へ。

荷物を宿舎に預けて、またすぐ出発です。

路面電車で長崎駅へ戻り、電車の時刻を確認したら、20分弱しかありません。

とりあえずドーナッツを1個だけ食べて、

電車「快速佐世保ライナー」というローカル線に乗り込みました。

諫早駅到着の時点ですでにAP部門のリハーサルが始まる時間です。

会場までのシャトルバスは?って聞いてみたら、明日からしかないという話で・・・

じえじぇじぇ・・・えーいタクシーに乗っちゃえということで、タクシーで会場へ向かいました。

13時40分頃ようやく、会場の諫早文化会館に到着。受付をすませて、すぐにAPのリハーサルに向かいます。

長崎県の係の先生方、生徒さんたち、遅れてすいませんでした。

この後、顧問は14時から夕方まで都道府県代表の会議に出席しました。

8月3日(土)

ホテルの朝食は、一番早くて7時からというので、一番早い時間に朝食をすませ、

早々に出発をしましたが、路面電車に乗って浦上の駅に到着したら、佐世保ライナー出発の2分前。

たいへんだと、大あわてで駅に駆け込み、なんとか乗れたと思ったら、

東京の山手線顔負けの大混雑。諫早までの約30分間が苦しかったこと。

ようやく諫早に到着しましたが、予想通りシャトルバスは大行列。当分乗れそうにもありません。

やむをえず、15分の道のりを歩くことにしました。暑かったけど、諫早の街の雰囲気を少し味わえました。

スタッフの生徒さんのさわやかな挨拶に迎えられて会場入り。開会式に参加しました。

開会式直後に、まずAP部門の出番がありました。小野高校は「副の風」で出場。

昼食もそこそこに、午後一番に朗読部門の出番です。

練習場で、秘伝の顔面ほぐしをしていただきました。

ありがとうございました。

そして、高校時代最後の朗読は「少年H」。いい朗読でした。

終了後、「高校生新聞」の取材を受けました。

朗読は、このブロック1位の優秀賞を獲得しました。

終了後、兵庫県チームで記念撮影。

それから、長崎まで戻り、NHK長崎放送局アナウンサーの卒業生と待ち合わせ。

長崎の街をスペシャルバージョンで案内してもらいました。

まずは長崎といえばここ、グラバー園と大浦天主堂へ。ハートストーン発見!!

続いてNHK長崎放送局を見学し、6時45分からの生放送を見学させてもらいました。

夕食は、「江山楼」のちゃんぽん!これか゛メチャクチャおいしかった!

最後に、世界新三大夜景、稲佐山展望台からの夜景を満喫しました。

他に二つとない素晴らしい見学コースを、ありがとうございました。

8月4日(日)

楽しかった総文祭もいよいよ最終日。今日はアナウンス部門です。

お世話になったホテルで朝食を食べた後、昨日と同じ時間の電車で会場へ。

今日は、諫早駅からようやくシャトルバスに乗れました。

会館の外で、さっそく発声練習開始です。

終了後、長崎のめいろんではなく、なぜか富山のらいとくんと記念撮影。

最後の昼食は、会場から少し歩いて、長崎名物「トルコライス」を食べに行きました。

出発までの名残惜しい時間、ギリギリまで他県の放送部員のみなさんと交流しました。

お世話になった、長崎県の先生方、生徒のみなさん、本当にありがとうございました。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です