平成16年 第51回NHK杯全国高校放送コンテスト 東播大会

2004年6月6日 更新

スポンサードリンク

6月6日(日)東播大会   於:小野高校

今年は3年ぶりに会場校だったため、会場準備が大変でした。

東播地区の22校から約300人の生徒が参加します。

朗読会場の蜻蛉ホール、ここは音響抜群です。

1年生も一緒に発声練習です!

ラジオ番組会場は視聴覚教室、準備室を別室の審査員室にしました。

ここで1年生の小島君、山口龍太君が画期的な大発見・・・準備室と視聴覚室のケーブル

連絡方法が見つかったのです!知らなかった・・・

アナウンス会場は図書館の2F、多目的教室を使用しました。

ここはやっぱり響きますが、新しいから気持ちいいです!

図書館の階段で・・・写りたがりの2人

という感じで、準備もばっちりできたところで、

今年のNHK杯がスタートしました!  結果は・・・

アナウンス 4名 朗読 3名 番組4本 計11作品が

県大会進出を決めました!

入選(県大会進出) 佳作
アナウンス部門 中務庸子(3年) 笹倉千裕(3年) 澤田果那子(3年) 山田恵子(2年) 小林芽久見(3年)高田善規(2年)谷島奈々(2年)岩佐早希(2年)
朗読部門 園田由里(3年) 大村真司(3年) 藤井真穂(3年)     柴田幸江(3年)兼貞健太(2年)藤原唯(2年)来村裕子(2年)難波真理子(2年)
ラジオドキュメント部門 「小っちゃくたってイッチョウマエ」 (3年生チーム制作)「オノコウ?オタコウ??」(2年生チーム制作)
ラジオドラマ部門 「ながいながい夢のあとで」(3年生チーム制作)「友情改革」(1年生チーム制作)

アナウンス出場10名 入選4佳作4(出場62名中1〜8位入選9〜18位佳作)

朗読10名出場 入選3佳作5(出場89名中1〜6位入選7〜16位佳作)

ラジオドキュメント2本出品 2本とも入選(出場12作品中1〜5位で入選)

ラジオドラマ2本出品 2本とも入選(出場18作品中1〜5位で入選)

反省会後、部室で3年生と虹を見ました!

みんな次も頑張ろう! さあ、次は・・・



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です