平成19年 第54回NHK杯全国高校放送コンテスト 全国大会

2007年7月27日 更新

スポンサードリンク

7月23日(月)〜26日(木) 全国大会

於 東京・国立オリンピックセンター&NHKホール

アナウンス部門 松本朱莉が 決勝進出!

小野高校の決勝進出は3年ぶり3回目

アナウンスでは史上初のNHKホール登場

アナウンス 内藤麻貴、Rドキュメント、Rドラマ、Tドラマと4つの入選も獲得

アナウンス部門 3名出場 松本朱莉 決勝進出(4位優良賞)内藤麻貴  準決勝進出・5位入選

西村真優 準々決勝で敗退 

朗読部門 2名出場 萩原つかさ、山本篤子 準々決勝で敗退
ラジオドキュメント部門 1本出品 負けたくない  準決勝進出・5位入選
ラジオドラマ部門 1本出品 紗月の小さなうそ  準決勝進出・5位入選
テレビドキュメント部門 1本出品 あさはやっ! 準々決勝で敗退
テレビドラマ部門 1本出品 妄想症候群  準決勝進出・5位入選

●7月23日(月)

8:45 新神戸駅に集合して新幹線に乗り込みます。

会場へ行く前に、ちょっと寄り道・・・今年は品川アクアスタジアムへ行ってみました。

 都会の真ん中にあるきれいな水族館にみんな大はしゃぎ!

 まずは魚やひとでと記念撮影?

次はアシカショーとイルカショーを堪能しました。

イルカショーではわざわざポンチョを買って、靴下まで脱いで、水かぶり席に座った人が約3名いました。

この後、アナ朗読に出場する5名はオリンピックセンターへ、残りの生徒は東大前にある鳳明館へと分かれて

行きました。今年は会場の関係で分宿です。

オリンピックセンター組が総合受付をして、

顧問はラジオドキュメント部門の準備のため、川口市民ホールへ出発、3箇所バラバラに過ごす1日目となりました。

24日(火)準々決勝

ラジオドキュメントは埼玉の川口市民ホールで開催されるため、

アナウンス・朗読とテレビドキュメントのみオリンピックセンターで行われました。

OHSBアナ朗読チーム5名はそれぞれしっかり読みました。

テレビドキュメント「あさはやっ!」も無難に流れましたが、49本の審査でエントリー1番というのはどうなのか。

明らかに不利な感じがしました。

夜になって、久々に全員がそろいました。1日離れていただけなのになんだか久しぶりのような気がします。

兵庫県講習会では、アナ朗読の兵庫県チームが強化練習。OBOGもかけつけてくれました。

仲良くなった兵庫県代表チームで記念撮影

25日(水)準決勝

この日はまず、昨日の準々決勝の結果発表からです。もりもり食べて元気をつけ発表を見に行きます。

アナウンス2名、ラジオドキュメント、ラジオドラマ、テレビドラマは見事準決勝進出!

しかし、アナウンス1名、朗読2名とテレビドキュメントが落選。

やはりエントリー1番の「あさはやっ!」は落選していました。自信作だっただけにみんな落胆です。

 夜は、宿舎で小野高校のミーティング。ここにもたくさんのOGがかけつけてくれました。

 そして「自分のテレビドラマで全国に来て、直接渡す」という2年越しの夢をかなえた藤原さんから、

 憧れのOG園田さんへ、借りていた「グッディグッバイ」の脚本を返却しました。

●26日(木)決勝

いよいよ、NHKホールに向かって出発!ホールではめで.COが出迎えてくれました。

 決勝進出者発表で、3年ぶりに小野高校の文字が!

 2年 松本朱莉が見事、アナウンス部門で決勝進出!

 やった〜、でもエントリー番号はまたまた1番。なんでこんなに1番ばっかしなの?

 でも、最後まで頑張って練習しました。

 午後のアナウンス部門の発表が始まり、全国3228名の中から選ばれた10名が

 NHKホールのステージに登場しました。

 最初にここで原稿を読んだのは、朱莉でした!頑張れ!

 どれほど緊張していることかと思ったら、見た目はまったくそのようなそぶりを見せず、

 課題文も自分の原稿もほぼ完璧に読みこなしました。あっぱれです!

残念ながら、優良賞で、優勝にはあと一歩及びませんでしたが、

 最後の瞬間まで夢をつないでくれた部員みんなの頑張りと応援していただいたみなさんへの

 感謝の気持ちでいっぱいでした。本当にありがとうございました。

●おまけ 

みんな頑張ったので、夜は少しだけディズニーランドで遊びました。また来年に向けて頑張りましょう!

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です