平成24年 第59回NHK杯全国高校放送コンテスト 全国大会

2012年7月27日 更新

スポンサードリンク

7月23日(月)〜27日(金) 全国大会

於 東京・国立オリンピックセンター&NHKホール

テレビドラマで全国準優勝!

ラジドキュ、テレドキュも決勝進出!

6年連続しかも3部門決勝進出!!

Rドラマは優良   アナウンス2名、朗読3名が入選

アナウンス部門 5名出場 石丸典子  準決勝進出・5位入選井上寧々  準決勝進出・5位入選 ※他3名は準々決勝で敗退
朗読部門 3名出場 岩崎千佳  準決勝進出・5位入選津田明日香 準決勝進出・5位入選

藤原千紗  準決勝進出・5位入選

ラジオドキュメント部門 1本出品 希望の灯、ツナグ決勝進出(3位優秀賞)
ラジオドラマ部門 1本出品 信疑一転  準決勝進出・4位優良賞
テレビドキュメント部門 1本出品 グラウンドファーザー決勝進出(3位優秀賞)
テレビドラマ部門 1本出品 放課後30分 準優勝
研究発表部門 1本出品 メディア戦略版・学校紹介ビデオ(この部門は順位はつかない)

全国大会は 準々決勝、準決勝、決勝の順に行われますが、各部門の数は 

準々決勝出場数 準決勝進出数 決勝進出数 決勝入賞数
アナウンス 294名 60名 10名 優勝1人、準優勝1人、優秀2人、優良6人
朗読 294名 60名 10名 優勝1人、準優勝1人、優秀2人、優良6人
ラジオドキュメント 185本 40本 4本 優勝1本、準優勝1本、優秀2本
テレビドキュメント 185本 40本 4本 優勝1本、準優勝1本、優秀2本
ラジオドラマ 100本 20本 3本 優勝1本、準優勝1本、優秀1本
テレビドラマ 96本 20本 3本 優勝1本、準優勝1本、優秀1本

準々決勝→準決勝で 約5分の1に、 準決勝→決勝で さらに 10分の1程度に減らされていきます。

それだけに、決勝進出というのは、非常に難しいことです。

7月23日(月) 出発

9:02新神戸発のぞみ114号で、元気に出発。今年は史上最高46名の大人数で東京へ乗り込みました。

11:53東京着、コインロッカーに荷物を預けて、浜松町へ移動。

東京タワーに行きました。3年前は雨が降っていましたが、今年は快晴。関西よりさわやかで涼しい気温でした。

15:30オリンピックセンターに到着。顧問は16時から運営担当者会議と会場設営に向かいました。

夕食後19:30から兵庫県合同の練習会に参加。21:30から宿舎でOHSBのミーティングを開きました。

7月24日(火) 全国大会準々決勝

朝食は6:40集合。その後、8時から発声練習を開始しました。

その後は各部門に分かれて準々決勝にのぞみました。

夜は兵庫県練習会とミーティング。連日23時すぎまでみっちりスケジュールがつまっています。

7月25日(水) 全国大会準決勝

昨日の結果は、この日の朝、発表になります。

各校代表1名が結果の書かれた紙を受け取りに行き、他の人はそれをじっと待ちます。

ここでアナウンス3名が惜しくも落選してしまいましたが、アナウンス2名朗読3名は無事準決勝に進みました。

泣いている暇はありません。さっそく練習開始です。

また、番組はすべて準決勝に進出していました。よかった〜。

さらにこの日は、研究発表もありました。

宿舎には今年もたくさんのOBOGがかけつけてくれました。

7月26日(木) 全国大会決勝

いよいよNHKホール決勝です。6月3日からはじまった長い長いNコンも

今日が最終日程となります。オリンピックセンターから徒歩で会場へ。

この日は初日とうってかわって猛暑でした。汗がしたたります。

そして、9:30決勝進出の発表。

3つの部門で決勝進出!!2008年以来、2度目の快挙に、みんな大泣きでした。

惜しくも優勝は逃しましたが、想いを込めた番組をNHKホールで上映していただけた

幸せで感激しました。

アナウンス、朗読で5名が入選、ラジオドラマが優良。これだけでも立派な成績です。

応援ありがとうございました。     

 



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です