平成26年 第61回NHK杯全国高校放送コンテスト 兵庫県大会

2014年6月16日 更新

スポンサードリンク

6月14日(土)15日(日)兵庫県大会準決勝&決勝   於:甲南大学

兵庫県大会総合V13達成!

(13年連続最優秀学校賞受賞!)

7部門中3部門で優勝!

個人9人と番組5作品で全国大会出場決定!

出場数 入選(全国大会出場) 優良・奨励
アナウンス部門(参加455名) 10名出場 準優勝 田中冴佳(3年)3位 五百藏茉奈(3年)4位 石井寛人(2年)5位 濵口晴香(3年)7位 田渕瑞妃(3年) 優良 丸尾愛(2年) 奨励 角田結季女(2年) 橋本莉奈(2年)
朗読部門
(参加662名)
10名出場 優勝 田中泉帆(2年)8位 平尾舞夏(2年)10位 岸本京(3年)12位 粟本温々(3年)  優良 立脇魁人(2年) 小林奈央(3年) 仙藤楓華(2年) 西本真由美(3年)奨励 福留美樹(3年)
ラジオドキュメント部門(参加50本) 2本出品
3位 きっと来る(2年)
ラジオドラマ部門(参加82本) 2本出品 優勝 正の数(3年) 優良「B☆S」(3位)※同一校2本は全国出場不可の規定により優良扱い
テレビドキュメント部門(参加44本) 2本出品 優勝 今から、ここから。(3年) 優良「未来は勝つ~新米部長奮戦記」(7位)※同一校2本は全国出場不可の規定により優良扱い
テレビドラマ部門(参加28本) 2本出品 4位 思いがけナイト(3年)
研究発表部門(参加11本) 1本出品 3位 放送部の魔法(3年)

○6月13日(金)

前日の昼食は、みんなでカツカレー。恒例行事です。

放課後は決意発表会。これまで頑張ってきた思いと明日への決意を語ります。

この後、顧問は会場準備で甲南大学に出発。

今年も、その時点までにすべての番組が仕上がっていたことに拍手を送りたいと思います。

○6月14日(土)

学校集合は7時。そこから貸し切りバスで会場へ。今年も甲南大学です。

この日はまず、各部門の準々決勝が行われました。結果発表は翌日の朝。

アナウンス、朗読部門は80名→35名

ラジオドラマ部門は22本→8本

テレビドキュメント部門は44本→16本

テレビドラマ部門は28本→8本

研究発表部門は11本→5本 にしぼられていきます。

○6月15日(日)

いよいよ決勝。今日は研究発表のリハーサルが8時からあるため、学校出発は6時30分でした。

8時30分に結果発表。その後、アナウンス、朗読の決勝進出者は当日課題をもらって練習に入ります。

そして、みんな全力を出し切って決勝に臨みました。

アナウンス朗読チーム、9名が全国大会出場です。

番組チームも全国大会を決めました。

合間に、食堂やカフェにも行きました。

応援、ご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です